FC2ブログ

シロガシラトビ

フィリピンシリーズの続きで、今日は日本でも2014年に石垣島で初めて確認されたシロガシラトビをご紹介します。

シロガシラトビ(Brahminy Kite)はインドから中国南部、東南アジア、オーストラリア、ソロモン諸島にかけて広く分布する体長44~52cmのタカ科シロガシラトビ属の猛禽で、全部で4亜種に分かれており、今回目にしたのはマレー半島から大スンダ列島、小スンダ列島、フィリピン、スラウェシにかけて分布する亜種Haliastur indus intermediusと思われます。

セブ島南部の海岸線で上空を旋回していたシロガシラトビ。成鳥では和名のように頭部から腹にかけて白色で、翼から尾羽が鮮やかな茶色であり、見た目にも大変美しく見えます。

DSC04944.jpg

DSC04943.jpg

DSC04942.jpg

DSC04934.jpg

DSC04928.jpg

DSC04933.jpg

今日はセブ島南部で目にしたシロガシラトビの亜種Haliastur indus intermediusと思われる個体をご紹介しましたが、以前タイ中部で目にしたシロガシラトビは頭部から腹にかけての白色部に暗褐色の縦斑がより顕著にあったことから基亜種Haliastur indus indusであった可能性が高いと思われます。 ご参考までに以前のブログをご紹介します。

シロガシラトビ(タイ中部)


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる