FC2ブログ

カラシラサギ

フィリピンシリーズの続きで、今日はカラシラサギと思われる個体をご紹介します。

カラシラサギ(Chinese Egret)は夏季に朝鮮半島西岸や黄河河口域で繁殖し、冬季になると台湾や東南アジアに南下し越冬する体長約65cmのサギ科コサギ属の鳥で、日本には数少ない旅鳥として渡来する世界的希少種として知られています。

フィリピンでは有数の水鳥の越冬地であるオランゴ島の野生動物保護区で目にしたカラシラサギの冬羽と思われる個体。まだこの時期、当地に渡来している水鳥は数少なかったのですが、そんな中、はるか遠くの干潟にこの1羽を確認することができました。眼先の裸出部に若干青みがあり、嘴も黒みが強くなっており、コサギの幼鳥の特徴にもよく似ていますが、眼先の裸出部の上辺が凹んで見えることからカラシラサギの冬羽の可能性が高いと判断しました。

DSC05716.jpg

今日はフィリピンでは有数の水鳥の越冬地であるオランゴ島の野生動物保護区で目にしたカラシラサギの冬羽と思われる個体をご紹介しましたが、当地は世界的絶滅危惧種であるシベリアオオハシシギやカラシラサギの有数の越冬地として知られており、もし次回チャンスがあれば越冬本番の冬季に訪れてみたいと思います・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる