FC2ブログ

海を渡るアカハラダカ

昨日の続きで、今日はハチクマの渡りを観察中、時々目にしたアカハラダカをご紹介します。

アカハラダカ(Chinese Sparrowhawk)はシベリア東部、中国東北部から朝鮮半島にかけてと中国南西部で繁殖し、冬季は東南アジア周辺へ渡り越冬する体長25~30cmのタカ科ハイタカ属の鳥で、日本では旅鳥として春秋の渡りの時期に九州や南西諸島で数千羽以上の大群が観察されるほか、本州でも渡り途中の個体が観察されています。

滞在中、何度か目にしたアカハラダカ。この個体は頭部から体上面は暗青灰色で、胸は淡橙褐色、虹彩は暗赤色であることから成鳥のオスと思われます。

A27I4718.jpg

A27I4721.jpg

A27I4726.jpg

こちらは虹彩が黄色のメス。

A27I5610.jpg

A27I5612.jpg

A27I5614.jpg

A27I5617.jpg

A27I5656.jpg

英名(Chinese Sparrowhawk)からも分かるように、アカハラダカが主に中国、朝鮮半島で繁殖するのに対し、外見上よく似たツミ(Japanese Sparrowhawk)は日本を含めた東アジアで繁殖しており、英名では分布域を理解しやすいのに対し、和名は形態的な特徴(アカハラダカ:腹が赤いタカ)や食性(ツミ:スズメなどの小鳥を捕食する)から命名しており、両者の命名の違いを考えさせられます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる