FC2ブログ

迷鳥 ワライカモメ

迷鳥ワライカモメがまだ滞在しているというので、少し足を延ばして現地を訪れました。

ワライカモメ(Laughing Gull)はカナダ南東部、アメリカ東部・南部の海岸線からアメリカ南西部、メキシコ西部、中央アメリカ東部、西インド諸島、ベネズエラ北部にかけて繁殖し、冬季、ペルー南部やブラジル北部に渡り越冬する体長約40cmのカモメ科Leucophaeus属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、今回目にしたのは分布域から考え、カナダ南東部、アメリカ東部・南部の海岸線からアメリカ南西部、メキシコ西部、中央アメリカ東部で繁殖し、冬季、ペルー南部に渡り越冬する亜種Leucophaeus atricilla megalopterusと思われます。なお、ちょっと変わった名前の由来ですが、鳴き声が人間の笑い声に似ていることから付けられたそうです。

漁港の沖合にあるテトラポットでウミネコの群れに混じって休んでいたワライカモメの成鳥冬羽。翼が長く、尾から顕著に突出しているほか、冬羽では眼の周囲と後方に暗色斑があり、やや長い嘴は黒く、下に湾曲しており、足も黒みを帯びているのが特徴です。

A27I7891.jpg

A27I7893.jpg

口を開けて鳴いていたようですが、ウミネコの声にかき消され、よく分かりませんでした・・・

A27I7882.jpg

A27I7888.jpg

A27I7894.jpg

暫くテトラポットで休んでいましたが、岸壁で漁師さんが魚の内臓などを海に投げ入れたため突然飛び出しました・・・

A27I7895.jpg

迷鳥として本州の中部地方以北で記録があり、ほとんどが春から夏にかけての記録のワライカモメですが、当地では8月頃に確認されて以降、長逗留しているようで、この先いつまで居てくれるのか興味が持たれます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる