FC2ブログ

渡り途中のアリスイ

昨日の続きで、今日は同じく自宅近くの貯水池で目にしたアリスイをご紹介します。

アリスイ(Eurasian Wryneck)はヨーロッパから極東アジアの中緯度地域で繁殖し、冬季、北東アジア、南アジア、東南アジア、アフリカに渡り越冬する体長約18cmのキツツキ科アリスイ属の鳥で、分布域により6亜種に分かれており、従来、日本では夏鳥として北海道と東北地方の一部に渡来し、冬季は本州中部以西で越冬する亜種アリスイ(Jynx torquilla japonica)のほか、亜種シベリアアリスイ(Jynx torquilla chinensis)も渡来するとされていましたが、現在、IOC(国際鳥類学会議)では亜種Jynx torquilla japonicaを亜種Jynx torquilla chinensisに吸収させ同一亜種としています。

貯水池の堰堤で目にしたアリスイ。全身灰褐色で黒褐色や茶褐色の細かい複雑な斑があり、後頭から背にかけて黒褐色の縦斑があるのが特徴です。

DSC01661.jpg

DSC01648.jpg

DSC01635.jpg

DSC01743.jpg

DSC01748.jpg

DSC01685.jpg

DSC01708.jpg

当地に立ち寄ったアリスイは北海道、本州北部で繁殖した後、越冬地である本州中部以西への移動途中に立ち寄った個体と思われますが、それにしても、従来の亜種アリスイ(Jynx torquilla japonica)が亜種シベリアアリスイ(Jynx torquilla chinensis)に吸収された現状では、和名的には亜種シベリアアリスイは亜種アリスイに変更になるのでしょうか・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ