北海道の草原を彩る鳥たち・・・シマセンニュウ

北海道の草原の鳥の続きで、今日はシマセンニュウをご紹介します。

今回の北海道ツアーでは幾つかの原生花園や公園を訪れましたが、行く先々で枯れ草や木々で囀っているシマセンニュウに出会うことができました。

枝にとまったシマセンニュウ。大きさや色彩はウグイスにも似ていますが、体はオリーブ褐色で下面が淡く、チュルルチュカチュカというような囀り飛翔をしながら草の中に急降下していく姿をよく見かけました。

シマセンニュウ2

小木のてっぺんで・・・

シマセンニュウ1

シマセンニュウ10

こちらはやや高い木の枝に止まって休んでいたシマセンニュウ。

シマセンニュウ40

今日は夏鳥として渡来し、北海道の草原で繁殖するシマセンニュウをご紹介しましたが、センニュウという名前は草むらの中を自在に動いて暮らしている様子が「仙人」のようであることから付けられたようですが、昨日ご紹介したマキノセンニュウといい、まさにそのように草の中を自在に動き回っていました・・・
スポンサーサイト

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる