FC2ブログ

マヒワ

昨日の続きで、今日は同じく粟島で目にしたマヒワをご紹介します。

マヒワ(Eurasian Siskin)は夏季に西ヨーロッパ、北ヨーロッパからロシア東部、中国北東部にかけて繁殖し、冬季はアフリカ大陸北部や中東、中国南部にかけて越冬する体長12~13cmのアトリ科Spinus属の鳥で、日本には冬季に越冬のため飛来するほか、北海道から本州中部では局地的に繁殖することが知られています。

島を訪れたこの時、まさに移動のピークを迎えているようで、島では至るところにマヒワが溢れていました。こちらは顔から胸以下の体下面、背以下の体上面が淡黄色で、額から頭頂、翼、尾は淡黒色。大雨覆と三列風切の羽縁、風切基部が黄色で、小翼羽、大雨覆に幼羽が残り、胸から脇には黒褐色の縦斑があることからオスの第1回冬羽と思われます。

DSC01497.jpg

DSC01478.jpg

DSC01480.jpg

DSC01482.jpg

DSC01508.jpg

地面に降り、盛んに採餌していたマヒワ。左の個体は全体的に白っぽく、頭頂から背、胸から脇に黒褐色の縦斑があることからメスの第1回冬羽と思われます。

DSC01157.jpg

DSC01166.jpg

今日は移動の途中、島に立ち寄ったマヒワをご紹介しましたが、マヒワは従来、ベニヒワやコベニヒワ、ゴシキヒワなどと同じくCarduelis属(マヒワ属)に属していましたが、現在マヒワやベニヒワ、コベニヒワはCarduelis属から分離し、マヒワはSpinus属(マヒワ属?)に、ベニヒワとコベニヒワはAcanthis属(ベニヒワ属?)となっており、次期改訂版では属の見直しが行われるものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓


テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる