FC2ブログ

ワシミミズク

ブルガリアシリーズの続きで、今日は日本でも留鳥あるいは迷鳥として記録のあるワシミミズクをご紹介します。

ワシミミズク(Eurasian Eagle-Owl)は極地圏と熱帯を除くユーラシア大陸の大部分で留鳥として分布する体長約59~73cmのフクロウ科ワシミミズク属の鳥で、分布域により16亜種に分かれており、今回、ブルガリアで目にしたのはトルコからブルガリア、ルーマニア、ウクライナ南部にかけて分布する亜種Bubo bubo interpositusと思われます。なお、日本ではサハリン、千島列島に分布する亜種ワシミミズク(Bubo bubo borissowi )が留鳥として北海道北部と北方四島の国後島、択捉島で生息するほか、中国東部から朝鮮半島に分布する亜種タイリクワシミミズク(Bubo bubo kiautschensis )が迷鳥として三宅島、五島列島、奄美大島で記録があるようです。

遥か遠くの山地の崖地で休んでいますが、どこに居るか分かるでしょうか?画面中央の黒っぽいのがワシミミズクです。

4S3A3673.jpg

大きくトリミングしてみました。体を横たえて休んでいます。、ほぼ全身褐色で、顔は灰色みを帯び、羽角は長く、体上面は黒褐色や灰褐色などの細かい斑の複雑な模様があります。

4S3A3674.jpg

4S3A3681.jpg

ユーラシアではヨーロッパから東アジアにかけて広く分布するワシミミズクですが、日本ではほとんど見るチャンスがなく、いつかは何処かで目にしたいと思っていました。そんな中、今回、遥か遠くではありましたが、ようやく念願のワシミミズクを見ることができたのは幸運でした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ