FC2ブログ

ハシグロヒタキ

ブルガリアシリーズの続きで、今日はハシグロヒタキをご紹介します。

ハシグロヒタキ(Northern Wheatear)はヨーロッパ、アフリカ北西部から中東、中央アジア、ロシア、中国北西部、アラスカ、カナダ北部にかけて繁殖し、冬季はアラビア半島やアフリカ北東部や西部に渡り越冬する体長14~16.5cmのヒタキ科サバクヒタキ属の鳥で、分布域により4亜種に分かれており、今回目にしたのはヨーロッパ南部から中東、西南アジア、モンゴル、中国北西部にかけて繁殖し、冬季はアフリカ北部、西南アジアに渡って越冬する亜種Oenanthe oenanthe libanoticaと思われます。なお、日本へはヨーロッパ北部・中部からアジア北部、シベリア東部、北アメリカ北西部にかけて繁殖し、冬季はアフリカ北部・中部で越冬する基亜種Oenanthe oenanthe oenantheが稀な旅鳥として渡りの時期に観察され、北海道、本州、日本海側の島嶼、九州、西表島、南西諸島で記録があるようです。

黒海沿岸の草地で目にしたハシグロヒタキ.。頭部から背は灰褐色で、過眼線に黒みがなく、頬は淡褐色で、雨覆に黒い軸斑があることからメスの第1回冬羽と思われます。

4S3A4710.jpg

4S3A4713.jpg

隣接する岩場に移動した同じ個体。

4S3A4690.jpg

4S3A4699.jpg

4S3A4694.jpg

4S3A4705.jpg

4S3A4696.jpg

今日はヨーロッパ南部から中東、西南アジア、モンゴル、中国北西部にかけて繁殖するハシグロヒタキの亜種Oenanthe oenanthe libanoticaと思われる個体をご紹介しましたが、この先、越冬地であるアフリカ北部、西南に向け移動していくものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ