FC2ブログ

マミジロノビタキ

ブルガリアシリーズの続きで、今日は日本でも記録のあるマミジロノビタキをご紹介します。

マミジロノビタキ(Whinchat)はヨーロッパからロシア中部、モンゴル北西部にかけて繁殖し、冬季、アフリカ西部・中部・北東部で越冬する体長12~14cmのヒタキ科ノビタキ属の鳥で、日本では迷鳥として沖縄島と舳倉島で記録があり、和名のように雌雄ともに白い眉斑があるのが特徴です。

草原地帯で遠くの草にとまっていたマミジロノビタキ。この個体は眉斑が淡橙褐色で、頬は橙褐色で細い黒褐色の斑があることからメスと思われます。(オスは眉斑が明瞭な白色で、頬は黒褐色)

4S3A6177.jpg

4S3A6184.jpg

4S3A6193.jpg


4S3A6210.jpg

4S3A6165.jpg

1羽が羽根を開いてくれました。尾羽は黒く、中央1対を除く基部が白いのが本種の特徴です。

4S3A6179.jpg

今日はヨーロッパからモンゴルにかけて広く分布するマミジロノビタキをご紹介しましたが、今まで訪れた中では見ることが叶わず一度は目にしたいと思っていました。今回、距離こそありましたが、ようやく念願を叶えることができました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ