FC2ブログ

ムナフヒタキ

ブルガリアシリーズの続きで、今日は日本でも記録のあるムナフヒタキをご紹介します。

ムナフヒタキ(Spotted Flycatcher)はヨーロッパからモロッコ、パキスタン南部、バイカル湖付近にかけて繁殖し、冬季はアフリカ中南部に渡り越冬する体長13.5~15cmのヒタキ科サメビタキ属の鳥で、分布域により5亜種に分かれており、今回目にしたのはヨーロッパから西シベリア、北西アフリカにかけて分布する基亜種Muscicapa striata striataと思われます。なお、日本では迷鳥として舳倉島と大阪府で記録があり、日本に渡来した個体はモンゴルからシベリア中南部にかけて分布する亜種ムナフヒタキ(Muscicapa striata mongola)とされています。

黒海沿岸の森で目にしたムナフヒタキ。額から体上面は灰褐色で、額から頭頂に黒褐色の筋状の細い縦斑があるほか、名前のように腮から胸にかけ特徴ある灰褐色の縦斑が見られます。

4S3A7457.jpg

4S3A7451.jpg

4S3A7464.jpg

4S3A5776.jpg

4S3A5779.jpg

4S3A5780.jpg

4S3A5810.jpg

4S3A5809.jpg

4S3A5805.jpg

今日はブルガリアで目にしたヨーロッパから西シベリア、北西アフリカにかけて分布する基亜種Muscicapa striata striataと思われる個体をご紹介しましたが、ご参考までにオーストリア、スペインで目にした同じ基亜種と、モンゴルで目にした亜種ムナフヒタキ(Muscicapa striata mongola)と思われる個体の当時のブログをご紹介します。

ムナフヒタキ(オーストリア)

ムナフヒタキ(スペイン)

ムナフヒタキ(モンゴル)


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ