FC2ブログ

ニシオジロビタキ

ブルガリアシリーズの続きで、今日は日本でも人気のあるニシオジロビタキをご紹介します。

ニシオジロビタキ(Red-Breasted Flycather)はヨーロッパ北部、中部からロシア西部、イランにかけて繁殖し、冬季にインド、パキスタンなどに渡り越冬する体長11~12cmのヒタキ科キビタキ属の鳥ですが、日本では数少ない旅鳥または冬鳥として毎年各地で記録があり、その多くはメスのことが多いようです。なお、ニシオジロビタキは、かってはロシアからモンゴル北部、中国北東部にかけて繁殖し、冬季に東南アジアからボルネオにかけて越冬し、日本には少数が渡来するオジロビタキ(Taiga Flycatcer)の別亜種とされていましたが、現在、IOC(国際鳥類学会議)では別種としています。

湖畔の灌木で目にしたニシオジロビタキ。喉から胸にかけてオス特有の橙色が見られないことからメスのように見えますが、大雨覆には幼羽が残り、胸にうっすらと橙色が見られることから、オスの第1回冬羽ではないかと思われます。

4S3A4207.jpg

日陰に移動した同じ個体。胸にうっすらとした橙色がよく確認できます。

4S3A4211.jpg

4S3A4214.jpg

4S3A4223.jpg

4S3A4239.jpg

4S3A4248.jpg

4S3A4251.jpg

今日はブルガリアで目にしたニシオジロビタキのオス第1回冬羽と思われる個体をご紹介しましたが、ご参考までに以前、関西とインドで目にしたオス成鳥と、モンゴルで目にしたオジロビタキのオス成鳥をご紹介します。

ニシオジロビタキ(関西)
ニシオジロビタキ(インド)
オジロビタキ(モンゴル)


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ