FC2ブログ

シロビタイジョウビタキ

ブルガリアシリーズの続きで、今日はシロビタイジョウビタキをご紹介します。

シロビタイジョウビタキ(Common Redstart)はヨーロッパ、アフリカ北部からロシア中南部、カザフスタン、モンゴルなどにかけて繁殖し、冬季はアフリカ北東部・東部に渡り越冬する体長13~14.5cmのヒタキ科ジョウビタキ属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、今回目にしたのはバルカン半島、ギリシャからウズベキスタン、トルクメニスタン、イランにかけて繁殖し、冬季アフリカ北東部に渡り越冬する亜種Phoenicurus phoenicurus samamisicusと思われます。なお、日本では迷鳥として石川県舳倉島で過去2回しか記録がないという珍鳥でもあります。

黒海沿岸の林で目したシロビタイジョウビタキ。頭から体上面は灰褐色で、かすかに眉斑が見られるほか、喉は汚灰色で、胸以下の下面は橙褐色で鱗模様があることからオスの第1回冬羽と思われます。

4S3A5730.jpg

4S3A5733.jpg

4S3A5770.jpg

今日はシロビタイジョウビタキ(亜種Phoenicurus phoenicurus samamisicus)のオスの第1回冬羽と思われる個体をご紹介しましたが、ご参考までに以前モンゴル、チェコスロバキアで目にした基亜種Phoenicurus phoenicurus phoenicurus の成鳥をご紹介します・・・

モンゴル(成鳥オス)

チェコスロバキア(成鳥オス・メス)


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ