FC2ブログ

クロジョウビタキ

ブルガリアシリーズの続きで、今日はクロジョウビタキをご紹介します。

クロジョウビタキ(Black Redstart)はヨーロッパ西部、アフリカ北西部からシベリア、モンゴル西部、中国北西部にかけて繁殖し、冬季はアフリカ北部、ヨーロッパ南部、西南アジア、インドに渡り越冬する体長13~14.5cmのヒタキ科ジョウビタキ属の鳥で、全部で5亜種に分かれており、今回目にしたのはヨーロッパ、アフリカ北西部、トルコ西部にかけて分布する亜種Phoenicurus ochruros gibraltariensisと思われます。なお、日本では迷鳥として北海道、本州、飛島、粟島、舳倉島、見島、宇治群島、久米島、西表島、与那国島などで記録があり、日本に渡来したのはヒマラヤ中部から中国中部にかけて分布する亜種クロジョウビタキ(Phoenicurus ochruros rufiventris)とされています。

山岳地帯で目にしたクロジョウビタキ。体全体が暗灰褐色で、尾だけが褐色のであることから若いメスあるいはオスの第1回夏羽と思われます。(成鳥は体全体が黒色で、翼に白斑が見られる)

4S3A7720.jpg

4S3A7712.jpg

4S3A7717.jpg

4S3A7722.jpg

4S3A7706.jpg

今日はブルガリアの山岳地帯で目にしたクロジョウビタキの若いメスあるいはオスの第1回夏羽と思われる個体をご紹介しましたが、ご参考までに以前フランス、オーストリア、モンゴルで目にしたクロジョウビタキのブログをご紹介します・・・

フランス(オス1S、メス?)

オーストリア(オス成鳥、オス1S、メス)

モンゴル(オス成鳥、メス成鳥)


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ