FC2ブログ

チフチャフ

ブルガリアシリーズの続きで、今日はチフチャフをご紹介します。

チフチャフ(Common Chiffchaff)は夏季にヨーロッパから中東、中央アジア、ロシアにかけて繁殖し、冬季、アフリカ大陸北部、西アジア、インド北部へ南下し越冬するムシクイ科ムシクイ属の鳥で、分布域により6亜種に分かれており、今回目にしたのはスカンジナビア半島、ロシア北西部から黒海、イラン北部にかけて繁殖し、冬季、アフリカ西部・東部にかけて越冬する亜種Phylloscopus collybita abietinusと思われます。なお、日本へはロシア東部、カザフスタン北部からシベリア南部、モンゴル北部にかけて繁殖し、冬季、南アジアに渡り越冬する亜種チフチャフ(Phylloscopus collybita tristis)が数少ない旅鳥または冬鳥として主に日本海側の島嶼に渡来するほか、全国各地で記録があるようです。

昨日のキタヤナギムシクイと同じ山麓のホテル近くで目にしたチフチャフ。頭部が丸く、体型に丸みがあり、翼は短く、尾は長めで、嘴と足は黒く、上面はオリーブ色みのある灰褐色で、翼帯がないのが特徴です。

4S3A7216.jpg

4S3A7221.jpg

4S3A7226.jpg

こちらは山岳地帯で目にしたチフチャフの幼鳥。幼鳥とはいえ、既にバフ色の眉斑が出ているほか、足も黒色みを帯び、チフチャフらしさが出ています。

4S3A7544.jpg

4S3A7546.jpg

4S3A7551.jpg

今回、ブルガリアで目にしたチフチャフは6亜種のうち、スカンジナビア半島、ロシア北西部から黒海、イラン北部にかけて繁殖し、冬季、アフリカ西部・東部にかけて越冬する亜種Phylloscopus collybita abietinusと思われますが、ご参考までに日本へは数少ない旅鳥または冬鳥として主に日本海側の島嶼に渡来する亜種チフチャフ(Phylloscopus collybita tristis:ロシア東部、カザフスタン北部からシベリア南部、モンゴル北部にかけて繁殖し、冬季、南アジアに渡り越冬)の当時のブログをご紹介します。

チフチャフ(関西)

チフチャフ(インド)


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ