FC2ブログ

ニシコウライウグイス

ブルガリアシリーズの続きで、今日はニシコウライウグイスをご紹介します。

ニシコウライウグイス(Eurasian Golden Oriole)はユーラシア西部で繁殖し、冬季、アフリカに渡り越冬する体長22~25cmのコウライウグイス科コウライウグイス属の鳥で、日本では数少ない旅鳥として記録のあるコウライウグイスより一回り小さく、オスの成鳥ではコウライウグイスに見られる過眼線から後頸の黒色部がなく、目先のみ黒色なのが大きな違いで、メスあるいはオスの若い個体では体色が鈍い黄緑色である点が異なります。

草原地帯で遥か遠くにとまっていたニシコウライウグイス。全身鮮やかな黄色であることからオスの成鳥と思われます。

4S3A3644.jpg

4S3A3645.jpg

こちらは山麓のホテル中庭で目にしたニシコウライウグイス。この個体は頭部からの体上面が鈍い黄緑色であることから、メスあるいはオスの若い個体と思われます。

4S3A7363.jpg

4S3A7367.jpg

4S3A6388.jpg

4S3A6389.jpg

今日はユーラシア西部で繁殖し、冬季、アフリカに移動するニシコウライウグイスをご紹介しましたが、東アジアから東南アジアにかけて分布し、日本でも記録のあるコウライウグイスが20亜種に分かれているのに対し、ニシコウライウグイスには亜種がありません。この大きな違いは東南アジアに分布するコウライウグイスが留鳥であるため分化が進んだのに対し、ニシコウライウグイスは移動性の鳥であることに起因しているものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ