FC2ブログ

ヤツガシラ

ブルガリアシリーズの続きで、今日は日本でも大変人気のあるヤツガシラをご紹介します。

ヤツガシラ(Eurasian Hoopoe)はヨーロッパ南部・中部、アフリカ、南アジアから、東南アジア、中国、沿海州にかけて分布し、北方で繁殖した個体は冬季、南方へ渡り越冬する体長26~28cmのヤツガシラ科ヤツガシラ属の鳥で、分布域により6亜種に分かれており,、今回当地で目にしたのヨーロッパ、アフリカ北西部からロシア東部から中南部、中国北西部、インド北西部にかけて分布する基亜種Upupa epops epopslと思われます。なお、日本では数少ない旅鳥として全国に渡来しますが、特に日本海側の島嶼や南西諸島では毎年多くが通過するようです。

田園地帯の草地で目にしたヤツガシラ。草の中で休んでいましたが、独特の冠羽と下に湾曲した細長い嘴が存在感を漂わせています。

4S3A6312.jpg

しばらくすると飛び立ちました。

4S3A6316.jpg

翼を広げると、白と黒の模様が実に鮮やかです。

4S3A6317.jpg

4S3A6322.jpg

4S3A6323.jpg

IOC(国際鳥類学会議)の分類によればヤツガシラは現在6亜種に分けられており、そのうち日本を通過するのは今回目にした亜種と同じく基亜種ヤツガシラ(Upupa epops epops)とされています。なお、日本鳥類目録改訂第7版ではUpupa epops saturataとなっていますので、近年、分類の見直しとともに学名が変わったものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ