FC2ブログ

カンムリサギ

ブルガリアシリーズの続きで、今日はカンムリサギをご紹介します。

カンムリサギ(Squacco Heron)はヨーロッパ南部や中近東で繁殖し、冬季はサハラ砂漠以南のアフリカに渡り越冬する体長40~49cmのサギ科アカガシラサギ属の鳥で、体上面は明るい褐色で、夏羽では和名のように冠羽が長く伸びるのが特徴のようです。

湿地帯で目にしたカンムリサギ。 夏羽の特徴である冠羽が見られず、嘴基部の青色の婚姻色も少なく、脚も青緑色で、頸から胸にかけ褐色の縦斑が見られることから、ほぼ冬羽に移行した個体と思われます。

4S3A6450.jpg

4S3A6455.jpg

4S3A6459.jpg

その後、上方を向いたと思ったら・・・

4S3A6461.jpg

飛び出しました。よく似たアカガシラサギ同様、翼下面は真っ白です。

4S3A6462.jpg

4S3A6463.jpg

今日はヨーロッパのアカガシラサギとも言うべきカンムリサギの冬羽と思われる個体をご紹介しましたが、特に冬羽はユーラシア東部に分布するアカガシラサギ(Chinese Pond Heron)やペルシャ湾からミャンマーにかけて分布するインドアカガシラサギ(Indian Pond Heron)、東南アジアに分布するジャワアカガシラサギ(Javan Pond Heron)と酷似しており、場所を考えないと識別は難しそうです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ