FC2ブログ

カンムリカイツブリの給餌シーン

ブルガリアシリーズの続きで、今日はカンムリカイツブリの給餌シーンをご紹介します。

カンムリカイツブリ(Great Crested Grebe)はユーラシア、アフリカ、オーストラリア、ニュージーランドなどに広く分布する体長46~51cmのカイツブリ科カンムリカイツブリ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、今回目にしたのはユーラシアに広く分布し、日本にも主に冬鳥として渡来する基亜種カンムリカイツブリ(Podiceps cristatus cristatus)と思われます。

大きな湖で魚を咥えて泳いでいたカンムリカイツブリの成鳥。冠羽も短く、顔全体が白く、嘴もピンク色で、飾り羽もほとんどなくなっていることから、ほぼ冬羽への換羽を終えた個体と思われます。

4S3A5517.jpg

餌の魚を運んだ先は幼鳥でした。

4S3A5519.jpg

4S3A5520.jpg

4S3A5592.jpg

こちらは別の親子。

4S3A5596.jpg

4S3A5597.jpg

4S3A5598.jpg

今日はカンムリカイツブリの給餌シーンをご紹介しましたが、どのような生き物であれ、このような子育てのシーンは何とも微笑ましいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ