FC2ブログ

セアカモズ

ブルガリアシリーズの続きで、今日はセアカモズをご紹介します。

セアカモズ(Red-backed Shrike)はヨーロッパからシベリア西部、カザフスタン西部、トルコ、イラン北西部にかけて繁殖し、冬季、アフリカ東部・南部に渡り越冬する体長16~18cmのモズ科モズ属の鳥で、日本では迷鳥として、舳倉島と香川県、与那国島で記録があるようです。

草原地帯で目にしたセアカモズのオス。オスは頭上から後頸にかけて青灰色で、過眼線は黒く太く、背中や肩羽は名前の通り赤褐色で、胸以下の体下面は淡いピンク、尾羽は短く暗褐色で黒褐色のターミナルバンドがあるのが特徴です。

4S3A4323.jpg

4S3A4342.jpg

4S3A4346.jpg

こちらは額からの上面と脇に黒褐色の鱗状の横斑があり、尾は短く暗褐色であることから、幼鳥あるいは第1回冬羽と思われます。

4S3A4703.jpg

4S3A5871.jpg

4S3A5874.jpg

4S3A7559.jpg

4S3A6217.jpg

今日はブルガリア滞在中、何度も目にしたセアカモズをご紹介しましたが、日本では珍鳥のセアカモズもヨーロッパではごく普通種であり、有難味が薄れてしまいます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ