FC2ブログ

チャイロツバメ

ブルガリアシリーズの続きで、今日はチャイロツバメをご紹介します。

チャイロツバメ(Eurasian Crag Martin)は地中海沿岸から南アジア、モンゴル、中国東部にかけて繁殖し、冬季、アフリカ北部、インドに渡って越冬する体長14~15cmのツバメ科チャイロツバメ属の鳥で、日本で見られるショウドウツバメにも似ていますが、腮からの体下面は淡い灰褐色で、尾羽上面に白斑がある点が大きく異なります。

山岳地帯で目にしたチャイロツバメ。ずんぐりした体形ですが、素早い動きで飛び回っていました。

KX0A0363.jpg

KX0A0364_2.jpg

KX0A0375.jpg

KX0A0391.jpg

KX0A0392_2.jpg

地中海沿岸から南アジア、モンゴル、中国東部にかけて繁殖し、冬季、アフリカ北部、インドに渡って越冬するチャイロツバメですが、日本では迷鳥として2008年に山口県見島で観察情報があるようですが、目録掲載の根拠となる出版物がないため、日本鳥類目録改訂第7版では検討種扱いとなっています。もう少し観察例が増えるといいのですが・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ