FC2ブログ

ショウドウツバメ

ブルガリアシリーズの続きで、今日はショウドウツバメをご紹介します。

ショウドウツバメ(Sand Martin)は夏季に北アメリカやヨーロッパから中央アジア、シベリア、サハリン、千島列島、日本にかけて繁殖し、冬季、南アメリカ、アフリカ、南アジア、東南アジアなどに渡り越冬する体長12~13cmのツバメ科ショウドウツバメ属の鳥で、分布域により4亜種に分かれており、今回目にしたのは北アメリカ、ヨーロッパから中央アジアにかけて繁殖し、冬季、南アメリカ、アフリカ、南アジアなどで越冬する基亜種Riparia riparia ripariaと思われます。なお、日本にはサハリン、千島列島、日本で繁殖し、冬季、東南アジアで越冬する亜種ショウドウツバメ(Riparia riparia ijimae)が夏鳥として主に北海道、南千島などに飛来し集団で営巣しますが、本州以南では渡りの時期に各地を通過していくことが知られています。

大きな池の畔を飛び交っていたショウドウツバメの成鳥。体上面は暗灰褐色で、白色の体下面には胸に暗灰褐色の明瞭な帯と、この帯から腹中央に細い縦斑があるのが特徴です。

4S3A5196.jpg

4S3A5177.jpg

4S3A5179.jpg

こちらは喉がバフ色で、胸の帯が不明瞭で、腹中央かけて細い縦斑が見られないことから幼鳥と思われます。

KX0A0220.jpg

KX0A0187_1.jpg

KX0A0188.jpg

今日は北アメリカ、ヨーロッパから中央アジアにかけて繁殖し、冬季、南アメリカ、アフリカ、南アジアなどで越冬するショウドウツバメの基亜種Riparia riparia ripariaをご紹介しましたが、見た目には日本で繁殖する亜種ショウドウツバメ(Riparia riparia ijimae)とよく似ており、場所の情報がなければ両者の識別は難しいと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ