FC2ブログ

増えてきたルリビタキ

今日はオシドリのいるダム湖に向かう途中、山麓の林道で目にしたルリビタキをご紹介します。

ルリビタキ(Red-flanked Bluetail)は夏季はフィンランドから日本に至るユーラシア大陸の北部で繁殖し、冬季は東南アジア、日本、台湾などで越冬する体長約14cmのヒタキ科ルリビタキ属の鳥ですが、日本では留鳥または漂鳥として北海道、本州、四国の平地から亜高山帯で繁殖し、冬季は本州以南の平地から山地の常緑広葉樹林、公園などで越冬することが知られています。

林道脇の樹上でジジィッ・ジジィッと鳴いていたルリビタキ。体全体がオリーブ褐色でメスのようにも見えますが、側頸や雨覆にうっすらと青みが見られることからオスの第1回冬羽の可能性も考えられます。

DSC05233.jpg

DSC05264.jpg

DSC05268.jpg

こちらは地面で採餌していた別個体。こちらも側頸や雨覆にうっすらと青みが見られることからオスの第1回冬羽の可能性も考えられます。

DSC05174.jpg

DSC05205.jpg

DSC05225.jpg

この日は別の場所でも同様のメスタイプのルリビタキを目にしましたが、寒さの訪れとともに当地のルリビタキも数を増しているようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ