FC2ブログ

オオマシコのオス成鳥

今日は先日訪れた山地の森で目にしたオオマシコをご紹介します。

オオマシコ(Pallas's Rosefinch)はカザフスタン北東部からシベリア中部・東部、サハリンにかけての寒帯域で繁殖し、冬季は中国東部、朝鮮半島、日本などに渡り越冬する体長15~17cmのアトリ科オオマシコ属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、日本にはサハリンで繁殖し、冬季、朝鮮半島や日本に渡り越冬する亜種オオマシコ(Carpodacus roseus portenko)が冬鳥として本州の平地から山地にかけて渡来しますが、数はそれほど多くなく、冬の赤い鳥の一つとして人気があります。

そんなオオマシコですが、今年も当地にやって来てくれたようで、数羽の群れが美しい姿を見せてくれました。こちらは頭部と背中、胸から腹にかけて鮮やかな紅色で、額と喉が銀白色のオス成鳥。

DSC06340-2.jpg

DSC06347-2.jpg

DSC06354-2.jpg

こちらはヤマハギの実に群がっていたオオマシコ。

DSC06926.jpg

DSC06945-2.jpg

DSC06959-2.jpg

以前は亜種には分けられていなかったオオマシコですが、前述のように現在は2亜種に分けられており、日本にやって来る亜種はサハリンで繁殖する亜種Carpodacus roseus portenkoとされています。カザフスタン北東部からシベリア中部・東部で繁殖する基亜種Carpodacus roseus roseusとの形態的特徴について記述された文献等は見ていませんが、一体どのような違いがあるのでしょうか・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ