FC2ブログ

ゴジュウカラ

昨日の続きで、今日は同じく山地の森で目にしたゴジュウカラをご紹介します。

ユーラシアに広く分布するゴジュウカラ科ゴジュウカラ属のゴジュウカラ(Eurasian Nuthatch)ですが、分布域により実に21亜種に分かれており、そのうち日本には①亜種ゴジュウカラ(本州、隠岐、四国、九州北部)、②亜種シロハラゴジュウカラ(ロシア東部からシベリア、北海道に分布)、③亜種キュウシュウゴジュウカラ(九州南部)の3亜種が分布し、高地で繁殖した個体は冬季には低地に移動することが知られています。

そんなゴジュウカラですが、当地では亜種ゴジュウカラが留鳥として生息しており、昆虫類の少なくなったこの時期、好物の種子を求めて姿を見せてくれました。体上面は美しい青灰色で、顔、喉から腹部にかけての体下面は白色、脇と下尾筒の赤褐色との対比が印象的です。

DSC06410.jpg

DSC06415.jpg

DSC06654.jpg

DSC06664.jpg

DSC06492.jpg

DSC06474.jpg

和名的にはよく似たシジュウカラと対比されるゴジュウカラですが、系統的にはシジュウカラ科よりはむしろキバシリ科やミソサザイ科と近縁であり、そういう意味では英名の「Nuthatch」のほうが、よりその特徴(食性)を言い表しているような気がします・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ