FC2ブログ

久し振りのオオハシシギ

昨日の続きで、今日は同じく自宅近郊の沼で目にしたオオハシシギをご紹介します。

オオハシシギ(Long-billed Dowitcher)はシベリア北東部、アラスカ、カナダ北部で繁殖し、冬季は北アメリカ南部から中米にかけて越冬する体長約29cmのシギ科オオハシシギ属の鳥で、日本では数少ない旅鳥または冬鳥として水田、ハス田、ため池、干潟、河口に渡来することが知られています。

水辺で盛んに採餌していた2羽のオオハシシギの冬羽。上面が灰褐色で、白っぽい眉斑があり、胸は灰色みがかり、側胸から下尾筒に黒褐色の斑紋と横斑があるのが特徴です。

DSC04336.jpg

DSC04346.jpg

DSC04353.jpg

オオハシシギはずっと嘴を水中に入れたままで、なかなか起き上がってくれません。その後、ちょっと目を離したすきに飛び去ってしまいました。

DSC04366.jpg

今日は久しぶりに目にしたオオハシシギをご紹介しましたが、ご参考までに以前、カナダ・バンクーバーで目にしたオオハシシギと、よく似たアメリカオオハシシギのブログをご紹介します。

オオハシシギ、アメリカオオハシシギ(バンクーバー)


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ