FC2ブログ

雪原のフクロウ

雪がらみのフクロウが見たくて少し足を延ばしていつもの雪原を訪れました。

スカンジナビア半島からから日本にかけユーラシア大陸北部に帯状に広く分布するフクロウ科フクロウ属のフクロウ(Ural Owl)ですが、分布域により10亜種に分かれており、そのうち、日本では①北海道、南千島に亜種エゾフクロウ(Strix uralensis japonica)、②本州北部に亜種フクロウ(Strix uralensis hondoensis)、③本州中部に亜種モミヤマフクロウ(Strix uralensis momiyamae)、④本州中・南西部、伊豆諸島、淡路島、四国、九州に亜種キュウシュウフクロウ(Strix uralensis fuscescens)の4亜種が留鳥として分布するとされています。そんなフクロウですが、冬場の獲物の少なくなるこの時期は昼間でも狩りを行うため、このような高原では比較的目にする機会が増えてきます。

陽が落ち始めるころ、雪原に姿を現したフクロウ。雪がらみのフクロウは何とも風情があります。

フクロウ-6

いよいよ狩りを始めるのか、暫くすると低い杭にとまりました。

フクロウ-1

獲物となるネズミのかすかな音も聞き逃さないよう、ときおり頸を回し聞き耳を立てています。

フクロウ-2

フクロウ-3

更に近くの杭にとまったフクロウ。

フクロウ-5

警戒心が強く、雪原では豆粒ほどにしか見えないフクロウですが、それでも深々とした冬の高原で凛とした姿のフクロウは何ものにも代えがたい魅力があり、見る者の心を捉えます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ