FC2ブログ

ミコアイサ

今日はクラインガルテン近くの山上の湖で目にしたミコアイサをご紹介します。

ミコアイサ(Smew)はユーラシア大陸亜寒帯のタイガで繁殖し、冬季になるとヨーロッパ、黒海、カスピ海、インド北部、中国南部・東部などへ南下し越冬する体長約42cmのカモ科ミコアイサ属の鳥で、日本では冬季に九州以北に越冬のため飛来するほか、北海道では少数が繁殖することが知られています。

山上の湖で目にしたミコアイサ。オスは眼の周囲や後頭に黒い斑紋が入り、胸部側面には2本の黒い筋模様があり、背の羽衣が黒いのが特徴で、和名はオスの羽衣が巫女の白装束のように見えることに由来するとされていますが、眼の周りが黒いため、見ようによってはギャングのようにも見えてしまいます・・・

ミコアイサ-8

ミコアイサ-11

こちらはお互いに向き合っていたオス。右側の頭部から後頸にかけて褐色で、喉から頸部側面にかけて白色の個体はメス。

ミコアイサ-5

ミコアイサ-7

ミコアイサ-3

ミコアイサ-6

通称「パンダガモ」の愛称のあるミコアイサですが、これはオスの羽衣が一見「パンダ風」であることから名付けられていますが、異名に「イタチアイサ」や「キツネアイサ」というのがあり、これらはメスの褐色の頭部を見て付けられたもののようで、先日ご紹介した二ホンイタチの写真と見比べてみると、確かに似てなくもないような気がしてきます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ