FC2ブログ

インドトキコウ

スリランカシリーズの続きで、今日はインドトキコウをご紹介します。

インドトキコウ(Painted Stork)はインド、パキスタンからスリランカ、東南アジア、中国南部にかけて分布する体長約93cmのコウノトリ科トキコウ属の鳥で、モノトーンのコウノトリとは異なり、英名のように大変カラフルな大型鳥類です。

湿地帯で目にした成鳥のインドトキコウ。体色は全体に白色ですが、風切、尾羽は黒く、大雨覆、三列風切は紅色を帯び、眼の周囲から嘴の基部までは赤い皮膚が裸出しており、嘴は橙黄色、脚は紅色と大変カラフルです。



インドトキコウ22

インドトキコウ23

ムラサキサギと一緒に・・・

インドトキコウ17

翼下面は全面黒色です。

インドトキコウ18


インドトキコウ9

こちらは全体的に体色が鈍いことから若い個体と思われます。

インドトキコウ13

左側の個体は上記個体より更に若い個体と思われます。右側は全体的に暗褐色であることから幼鳥と思われます。

インドトキコウ12

こちらは幼鳥

インドトキコウ1

インドトキコウ3


今日はコウノトリ科の鳥、インドトキコウをご紹介しましたが、このような大型の鳥たちがゆったりと生活している風景を見ると、今の日本には見られない自然の豊かさを感じさせられます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ