FC2ブログ

ヘラサギ

スルランカシリーズの続きで、今日は日本でもお馴染みのヘラサギをご紹介します。

ヘラサギ(Eurasian Spoonbill)はヨーロッパから紅海沿岸、インド、スリランカ、中国北部にかけてと、モーリタニア、ソマリアなどで繁殖し、冬季、北方の個体はアフリカ北部、アジア南部に渡り越冬する体長80~93cmのトキ科ヘラサギ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、スリランカではヨーロッパからインド、スリランカ、中国北部にかけて繁殖する基亜種ヘラサギ(Platalea leucorodia leucorodia)が留鳥として分布しています。なお、日本では数少ない冬鳥または旅鳥として、同じ基亜種ヘラサギが北海道から南西諸島までの各地で記録されています。

湿地帯で目にした冬羽のヘラサギ。独特のスプーン状の長い嘴がなんとも魅力的です。

ヘラサギ1

ヘラサギ2

左はインドトキコウ。

ヘラサギ3

ヘラサギ8

ヘラサギ10

真ん中は冬羽のダイサギでしょうか・・・

ヘラサギ12

ヘラサギ14

ヘラサギ17

今日はスリランカで目にしたヘラサギをご紹介しましたが、ご参考までに以前アフリカとオーストラリアで目にした同じヘラサギ属の鳥、アフリカヘラサギ、オーストラリアヘラサギのブログをご紹介します。

アフリカへラサギ

オーストラリアヘラサギ


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ