FC2ブログ

まだ居てくれたオオマシコ

先日もご紹介したオオマシコですが、ウオーキングを兼ね再び山地の森を訪れました。

カザフスタン北東部からシベリア中部・東部、サハリンにかけた寒帯域で繁殖し、冬季は中国東部、朝鮮半島、日本などに渡り越冬するオオマシコ(Pallas's Rosefinch)ですが、日本にはサハリンで繁殖し、冬季、朝鮮半島や日本に渡り越冬する亜種オオマシコ(Carpodacus roseus portenko)が冬鳥として本州の平地から山地にかけて渡来し、冬の赤い鳥の一つとして人気があります。

そんなオオマシコですが、そろそろ北帰行が始まっているのか以前より個体数は少ないものの、その可憐な姿を見せてくれました。右側の個体は頭部と背中、胸から腹にかけて鮮やかな紅色で、額と喉が銀白色の冬羽のオス成鳥。左側は全体的に紅色が淡いことからオスの第1回冬羽でしょうか・・・

オオマシコ (18 - 52)

オオマシコ (16 - 52)

オオマシコ (19 - 52)

オオマシコ (15 - 52)

オオマシコ (26 - 52)

オオマシコ (33 - 52)

オオマシコ (34 - 52)

こちらは全体的に淡褐色で、淡い紅色みを帯びていることからメスの第1回冬羽でしょうか・・・

オオマシコ (30 - 52)

オオマシコ (31 - 52)

今日はまだ居てくれたオオマシコをご紹介しましたが、春の訪れとともに彼らも繁殖地である北のサハリンを目指し旅立って行くものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ