FC2ブログ

スリランカの固有種 クリセスズメフクロウ

スリランカシリーズの続きで、今日はスリランカの固有種クリセスズメフクロウをご紹介します。

クリセスズメフクロウ(Chestnut-backed Owlet)はスリランカ中南部にのみ分布する体長約19cmのフクロウ科スズメフクロウ属のスリランカの固有種で、名前のように背以下の体上面は栗色で、頭部から喉、胸にかけて暗褐色の細い帯状斑があるのが特徴です。

山麓の民家近くで目にしたクリセスズメフクロウ。

クリセスズメフクロウ1

クリセスズメフクロウ3

クリセスズメフクロウ5

クリセスズメフクロウ6

クリセスズメフクロウ11

時折、眠そうに目を閉じていました・・・

クリセスズメフクロウ7

クリセスズメフクロウ9

今日はフクロウ科スズメフクロウ属のスリランカの固有種クリセスズメフクロウをご紹介しましたが、同じスズメフクロウ属の鳥については以前、アフリカ、コスタリカ、ベトナムで撮影していますので、ご参考までに当時のブログをご紹介します・・・

アフリカスズメフクロウ

アカスズメフクロウ(コスタリカ)

ヒメフクロウ(ベトナム)

ヒメフクロウ(台湾)


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ