FC2ブログ

ヒレンジャク

昨日の続きで、今日はヒレンジャクをご紹介します。

ヒレンジャク(Japanese Waxwing)はシベリア東部、中国北東部のアムール川・ウスリー川流域の限られたエリアで繁殖し、冬季、サハリン、日本、朝鮮半島、中国南部、台湾などに南下する体長17~18cmのレンジャク科レンジャク属の鳥で、日本では冬鳥として全国の平地から山地の林、河畔林、公園などに渡来し、東日本に多いキレンジャクに対し、ヒレンジャクは西日本に多く渡来し、年によって渡来数の変動が多いことが知られています。

公園の遊歩道わきに木に群れでとまっていたヒレンジャク。

レンジャク (38 - 108)

レンジャク (39 - 108)

真ん中の個体は尾の赤色の幅が狭く、喉の黒色斑の境界がやや不明瞭であることからメスと思われます。(オスは尾の先端の赤色の幅が広く、喉の黒色斑の境界が明瞭)

レンジャク (15 - 108)

この個体は尾の先端の赤色の幅が広く、喉の黒色斑の境界が明瞭であることからオスと思われます。

レンジャク (21 - 108)

レンジャク (26 - 108)

レンジャク (14 - 108)

この個体は次列風切の羽軸先端に赤色斑がないことから第1回冬羽と思われます。

レンジャク (56 - 108)

レンジャク (57 - 108)

レンジャク (54 - 108)

今日は群れで渡来していたヒレンジャクをご紹介しましたが、当地には彼らの食餌となるリュウノヒゲが至るところに生えており、実が無くなるまでの間、今しばらく滞在してくれるものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ