FC2ブログ

繁殖地のクロジ

昨日の続きで、今日は同じく移動の途中、林道で目にしたクロジをご紹介します。

クロジ(Grey Bunting)はカムチャッカ半島からサハリン、千島列島、日本にかけて分布する体長16.5cmのホオジロ科ホオジロ属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、日本にはサハリン、千島列島、日本にかけて分布する基亜種クロジ(Emberiza variabilis variabilis)が留鳥または漂鳥として北海道から本州中部の山地から亜高山帯に生息し、本州中部以南では冬鳥として平地から山地、草地、河川敷などで生息することが知られています。

林道わきに姿を見せたクロジのオス。全体に暗青灰色で、嘴は肉色で上面が黒っぽく、尾に白斑(ホオジロ科の鳥は一般的に尾の一番外側が白い)がないのが特徴です。

200510クロジ-2

200510クロジ-1

200510クロジ-3

200510クロジ-4

200510クロジ-5

200510クロジ-7

200510クロジ-8

冬場は地上で植物の種子などを食べるクロジですが、亜高山帯の繁殖地では樹上で昆虫類やクモ類を捕食し、草薮の中に枯れ枝などを用いて椀状の巣を作り子育てを行うそうです。当地ではこれから繁殖が始まると思われますが、元気な子を育てて欲しいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ