FC2ブログ

森のフクロウ

今日は近くの森を散歩中、突然目の前にやって来たフクロウをご紹介します。

フクロウ(Ural Owl)はスカンジナビア半島からから日本にかけてユーラシア大陸北部に帯状に広く分布する体長約50cmのフクロウ科フクロウ属の鳥で、分布域により10亜種に分かれており、日本では①北海道、南千島に亜種エゾフクロウ(Strix uralensis japonica)、②本州北部に亜種フクロウ(Strix uralensis hondoensis)、③本州中部に亜種モミヤマフクロウ(Strix uralensis momiyamae)、④本州中・南西部、伊豆諸島、淡路島、四国、九州に亜種キュウシュウフクロウ(Strix uralensis fuscescens)の4亜種が留鳥として分布するとされていますが、当地に分布するのは分布域から考え、亜種モミヤマフクロウと思われます。

早朝、林道を散歩していると、突然ホオッ、ホオッというフクロウ特有の鳴き声がしました。急いで鳴き声のほうに歩いていくと、突然2羽のフクロウが猛スピードでこちらに近づき、1羽が目の前の枝にとまりました。最初はこちらに気付かずもう1羽のほうを見ていましたが・・・

200513フクロウ-1

やがて周りの様子を伺うようにゆっくり首を回し始めました。

200513フクロウ-2

200513フクロウ-3

200513フクロウ-4

200513フクロウ-5

正面を向いた時、ようやくこちらに気が付いたようで・・・

200513フクロウ-6

200513フクロウ-7

しっかりとこちらに顔を向けました。

200513フクロウ-8

今日は近くの森で偶然目にしたフクロウをご紹介しましたが、繁殖期のこの時期、雛に給餌する獲物を求めて、ペアと思われる2羽が早朝の森で狩りをしていたようです。夏鳥の囀りで賑やかなこの森もいろいろなドラマがあるようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ