FC2ブログ

巣材を運ぶホオアカ

昨日の続きで、今日は同じく高原で目にしたホオアカをご紹介します。

ホオアカ(Chestnut-eared Bunting)は夏季にパキスタン北部、ヒマラヤからシベリヤ、モンゴル、中国、朝鮮半島、日本にかけて繁殖し、冬季、東南アジアに渡り越冬する体長約16cmのホオジロ科ホオジロ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、日本にはシベリア中南部、モンゴル東部からシベリア東部、中国北東部、朝鮮半島、日本にかけて繁殖する基亜種ホオアカ(Emberiza fucata fucata)が留鳥または漂鳥として全国各地に分布(北海道、東北では夏鳥)しています。

巣材を口いっぱいに咥えフェンスに乗っていた夏羽のホオアカ。この個体は大雨覆に幼羽が残り、オスに比べて額から後頸の青灰色みが乏しく、全体的に色が薄いことからメスの第1回夏羽と思われます。

200629ホオアカ-3

巣の場所を知られたくないためか、なかなかこの場所を動こうとしません。

200629ホオアカ-4

200629ホオアカ-5

200629ホオアカ-6

200629ホオアカ-2

営巣の邪魔をしては悪いと思い、取り合えず数カットを撮った後、この場を去りました。

200629ホオアカ-8

今日はこの時期、まだ巣材を運んでいたホオアカをご紹介しましたが、この個体は第1回夏羽のようであり、昨日のノビタキ同様、他の成鳥に比べて遅れて繁殖に入ったものと思われます。無事繁殖を成功させ、元気な雛を育てて欲しいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ