FC2ブログ

高原のビンズイ

梅雨の合間を縫って高原の森を訪れましたが、そこでは夏山の定番、ビンズイ(Olive-backed Pipit)の姿を目にすることができました。

ビンズイ(Olive-backed Pipit)はロシア北西部からカムチャッカ半島、モンゴル、中国北東部、日本北部にかけてと、ヒマラヤから中国中部、日本中部で繁殖し、冬季、東南アジアなどの温暖な地域に渡り越冬する体長14~15cmのセキレイ科タヒバリ属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、日本では①基亜種ビンズイ(Anthus hodgsoni hodgsoni)が漂鳥または夏鳥として本州、四国の山地で繁殖し冬季は暖地に移動するほか、②亜種カラフトビンズイ(Anthus hodgsoni yunnanensis)が主に北海道で繁殖しています。

林道を散策中、樹冠にとまっていた基亜種ビンズイ。

200719ビンズイ-7

こちらは林道の水溜まりで水浴びをした後なのでしょうか、盛んに羽繕いをしていたビンズイ。

200719ビンズイ-9

200719ビンズイ-11

こちらは別の場所で2羽で動き回っていたビンズイ。見た目には成鳥のようにも見えますが、表情に幼い雰囲気があることから幼鳥の可能性も考えられます。

200719ビンズイ-6

200719ビンズイ-1

200719ビンズイ-3

200719ビンズイ-4

今日は高原の森で目にしたビンズイの成鳥、および幼鳥の可能性も考えられる個体をご紹介しましたが、ほとんどの鳥では幼鳥時代には幼羽が見られますが、ビンズイの場合は見た目には成鳥羽とほとんど変わらないため、識別の難しい種の一つと言えそうです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓


テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ