FC2ブログ

庭先にやって来たキジの親子

クラインガルテン周辺では何個体かのキジ(Green Pheasan)が繁殖していますが、今日は庭先にやって来たキジの親子をご紹介します。

暑さもピークを越えた午後3時ころ、ふと窓を開けると、なんと庭先から突然キジのメスが大きな羽音とともに飛び出していきました。急いでお散歩カメラを手に道路を隔てて隣接する植え込みの中にを探すと、いました!! キジのメスです。

200909-2.jpg

暫くじっとしていると、体こそ親鳥とあまり変わりませんが、まだ目の周りが赤くない幼鳥もやって来ました。どうやら子供たちを連れて採餌にやって来ていたようです。

200909-3.jpg

子供たちは何羽かいるようで、親鳥は先頭に立って子供たちを誘導していきます。

200909-5.jpg

少し先で子供たちがやって来るのを待っている親鳥。

200909-8.jpg

暫くしてもう1羽の子供がやって来ました。この幼鳥は先ほどの幼鳥に比べ目の周りに赤みが出ています。

200909-10.jpg

並んだ親子。左側の幼鳥は大きさ的には親鳥とほとんど変わりませんが、全体的にあどけなさが残っています。

200909-12.jpg

まだ子供が残っていないかと後方を確認している親鳥。

200909-13.jpg

そんな親鳥をけな気に待っている左側の子供。

200909-14.jpg

今日はクラインガルテンの庭先にやって来たキジの親子をご紹介しましたが、人の住んでいるこのような場所にやって来るのは驚きではありますが、考えてみれば同じキジ科の家禽であるニワトリを思えば、それほど珍しいことではないのかも知れません・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ