FC2ブログ

貯水池にやって来たセッカ

昨日の続きで、今日は同じく自宅近くの貯水池堰堤で目にしたセッカをご紹介します。

セッカ(Zitting Cisticola)はアフリカ北部、ヨーロッパ南部からインド、東南アジア、中国南部、台湾、日本、オーストラリア北部にかけて分布する体長約13cmのセッカ科セッカ属の鳥で、分布域により17亜種に分かれており、日本には朝鮮半島南部、日本、バタン島(フィリピン北部)に分布する亜種Cisticola juncidis brunnicepsが留鳥または漂鳥として本州以南に生息し、北方のものは冬季、暖地に移動することが知られています。

貯水池堰堤の遠くの小木にとまったセッカ。鳥までは距離があり鮮明な写真ではありませんが、上嘴が黒褐色で下嘴は淡褐色、口角に黒みが見られないことからメスと思われます。(オスは嘴は黒褐色で、口内は黒く、会合線、口角は黒ずんでいる)

20200916セッカ-1

20200916セッカ-2

20200916セッカ-3

20200916セッカ-4

20200916セッカ-5

20200916セッカ-6

今回目にしたセッカは1個体だけでしたが、定連さんの話ではペアで行動しているとのこと。当地では昨年も同時期に繁殖していたことから考えると、時期としては遅いですが、これから繁殖に入る可能性も考えられます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ