FC2ブログ

珍鳥 ノハラツグミ

今日は先日、久し振りに目にした珍鳥ノハラツグミをご紹介します。

ノハラツグミ(Fieldfare)はヨーロッパ西部からロシア東部にかけて繁殖し、冬季、アフリカ北部、アイスランドにかけて越冬する体長25~26cmのツグミ科ツグミ属の鳥で、日本では迷鳥として北海道、本州、舳倉島、対馬などで記録があるようですが、近年、その飛来数は増加傾向にあるとも言われています。

待つこと3時間、ようやく姿を見せてくれました。頭部から後頸、そして腰は青灰色で、背から雨覆は褐色、腮から体下面は淡褐色で黒褐色の斑があり、胸はやや橙色がかるノハラツグミですが、この個体は全体に体色が淡く、大雨覆に幼羽が見られることから第1回冬羽ではないかと思われます。

20210205ノハラツグミ-5

腰から上尾筒にかけての青灰色がよく目立ちます。

20210205ノハラツグミ-9

20210205ノハラツグミ-10

20210205ノハラツグミ-13

20210205ノハラツグミ-15

20210205ノハラツグミ-7

20210205ノハラツグミ-8

ヨーロッパ西部からロシア東部にかけて繁殖し、日本では珍鳥のノハラツグミですが、目にするのは今回が2回目であり、じっくりとその珍し系の鳥を楽しんできました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ