FC2ブログ

コガモの低空飛翔

今日は地元の貯水池で目にしたコガモの飛翔シーンをご紹介します。

コガモ(Eurasian Teal)は夏季にヨーロッパ中部・北部、アジア北部、アリューシャン列島にかけて繁殖し、冬季、ヨーロッパ中南部、アフリカ北部、アジア中部・南部・東部に渡り越冬する体長約37.5cmのカモ科マガモ属の鳥で、日本では冬鳥として全国に渡来するほか、中部地方以北の高原や北海道では少数が繁殖することが知られています。なお、かってはコガモの亜種として分類されていた北米で繁殖するアメリカコガモ(Green-winged Teal)は現在IOC(国際鳥類学会議)では別種として扱っています。

何かに驚いたのか、一斉に飛び出したコガモの群れ、頭部が栗色で、眼の周りから後頸が緑色なのがオス。

20210204コガモ-3

右端の体長約59cmのマガモ(Mallard)に比べると大きさの違いがよく分かります。

20210204コガモ-4

20210204コガモ-6

20210204コガモ-7

20210204コガモ-8

次々に着水するコガモ。

20210204コガモ-9

地元の貯水池では近年渡来数が激減していたマガモやコガモですが、どういう訳か今年は渡来数が多く、訪れる人の目を楽しませてくれています。今日は湖面近くを低空飛翔したコガモの群れをご紹介しましたが、近年の状況を考えると、このありふれた日常的な光景が貴重に思えてきます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ