FC2ブログ

今年はキレンジャクの当たり年?

今年は各地でレンジャクの飛来情報が相次いでいますが、とりわけ関東圏では普段は少ないキレンジャクの飛来数が多いようで、野鳥ファンを楽しませてくれています。今日はそんな中、河川敷に飛来しているキレンジャクをご紹介します。

キレンジャク(Bohemian Waxwing)はヨーロッパ北部からアジア北部、北アメリカ北部で繁殖し、冬季、木の実を求めて南下する体長19~20cmのレンジャク科レンジャク属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、日本ではヨーロッパ北部からアジア北部で繁殖する基亜種キレンジャク(Bombycilla garrulus garrulus)が冬鳥として主に本州中部以北に渡来することが知られています。

ヤブランの生い茂る河川敷の灌木にとまっていたキレンジャク。この個体は喉の黒色部の境界が明瞭で、尾の先端の黄色が幅広く(メスは喉の黒色部の境界が不明瞭で、尾の先端の黄色が狭い)、初列風切外弁の黄色が縦のみである(成鳥は外弁と内弁先端にL字型の斑がある)ことからオスの第1回冬羽ではないかと思われます。

20210228レンジャク-11

20210228レンジャク-12

20210228レンジャク-13

20210228レンジャク-14

20210228レンジャク-16

20210228レンジャク-17

キレンジャクはしばらく同じ場所にとまっていましたが、ヤブランの実を食べるため頭を下に向け・・・

20210228レンジャク-18

飛び降りていきました。

20210228レンジャク-20

20210228レンジャク-21

今回目にしたレンジャクは20羽位の群れでしたが、その多くはキレンジャクで、いつもは多いヒレンジャクはほんの数えるほどでした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ