石垣島の野鳥たち・・・サルハマシギとクサシギ、タマシギ

石垣島探鳥記の続きで、今日は田圃で出会ったサルハマシギとクサシギ、タマシギをご紹介します。

最初は冬羽のサルハマシギです。ハマシギにも似ていますが、嘴の長さがハマシギより長めであることからサルハマシギと思われます。右にいるのはトウネン。

サルハマシギ、トウネン

サルハマシギ2、トウネン

次は冬羽のクサシギです。タカブシギにも似ていますが、上面が黒っぽく、眉斑が短く目の上あたりまでしかないことからクサシギと思われます。

クサシギ1

最後は荒れた田圃で出会ったタマシギです。最初に現れたのはオスより美しいとされているメスのほうでしたが、その後、番で現れてくれました。

タマシギ2

こうして一緒に並ぶと、喉から胸にかけて赤褐色をしたメスのほうがやはり美しく見えますね・・・

タマシギ1

タマシギ3

今日は石垣島の田圃で出会ったサルハマシギとクサシギ、タマシギをご紹介しましたが、この時期、田圃では実にいろいろな種類のシギチを見ることができ、楽しい鳥見となりました・・・
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる