FC2ブログ

東アフリカの鳥たち・・・コオナガテリムク、セイキムクドリ

昨日の続きで、今日は同じくテリムクの仲間、コオナガテリムクとセイキムクドリをご紹介します。

最初はコオナガテリムク(Ruppell's Long-tailed Starling)です。コオナガテリムクは体長約35cmのムクドリの仲間で、エチオピアからウガンダ、タンザニアまでのサバンナの疎林や公園などで見られ、名前のように尾が長く、全身が紫色がかった濃い青色で、青白い眼が特徴です。

サファリの途中、サバンナの疎林にいたコオナガテリムク。

コオナガテリムク1

暗い場所では全身黒っぽく見えますが、日が当たると鮮やかな青紫色に変わってきます。

コオナガテリムク2

コオナガテリムク3

コオナガテリムク4

コオナガテリムク5

次はセイキムクドリ(Greater Blue-eared Starling)です。セイキムクドリはサハラ砂漠以南から南部アフリカの北東部の乾燥した疎林に生息する体長約23cmのムクドリの仲間で、キャンプ場やロッジの残飯を探しに来ることもあるようです。全身が緑を帯びた青い金属光沢で黄色い目とその周りの黒い部分が識別ポイントのようです。

ロッジの植え込みにやって来たセイキムクドリ。

クロハラテリムク1

明るい場所に出てくるとこのように鮮やかな金属光沢に変化します。

クロハラテリムク2

今日は暗いところではカラスの仲間のようにも見えるコオナガテリムクとセイキムクドリをご紹介しましたが、やはりテリムクの仲間、明るい場所に出てくると実に美しい金属光沢を見せてくれ、その変身ぶりに驚かされます・・・

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ