東アフリカの鳥たち・・・カオグロウロコハタオリ、クロミミハタオリ、アカガシラモリハタオリ

昨日の続きで、今日もハタオリの仲間、カオグロウロコハタオリ、クロミミハタオリ、アカガシラモリハタオリの3種をご紹介します。

最初はカオグロウロコハタオリ(Speke's Weaver)です。カオグロウロコハタオリは東アフリカら南部アフリカに分布する体長約15cmのハタオリで、名前のように黄色の体色に黒い顔と背中のウロコ状の黒斑が特徴です。

枯れ草で編み上げた巣にやって来たカオグロウロコハタオリのオス。

カオグロウロコハタオリ1

巣の真下から撮影しました。巣穴が下についているのがよく分かります。

カオグロウロコハタオリ2

カオグロウロコハタオリ5

次はクロミミハタオリ(Baglafecht Weaver)です。クロミミハタオリは東アフリカではケニア、ウガンダ、タンザニア南部に生息する体長約15cmのハタオリの仲間で、黄色い体色にオスでは名前のように耳と後頭部から背にかけて黒色なのが特徴です。

低木にやって来たクロミミハタオリのオス。

ミミグロハタオリ1

こちらは同じ場所で出会った個体。顔、頭、背が黒いことからクロミミハタオリのメスと思われます。

ミミグロハタオリ2

最後はアカガシラモリハタオリ(Red-headed Weaver)です。アカガシラモリハタオリは東アフリカ、西アフリカ、南部アフリカ北部に分布する体長約14cmのハタオリで、オスでは頭部から胸までが鮮やかな真紅の鳥で、色の違いにより3亜種に分かれるようです。

今回出会ったアカガシラモリハタオリは顔が黒いタイプの亜種。

アカガシラモリハタオリ1

アカガシラモリハタオリ2

今日は何れもハタオリの仲間、カオグロウロコハタオリ、クロミミハタオリ、アカガシラモリハタオリの3種をご紹介しましたが、当地にはまだまだ多くのハタオリの仲間が生息しており、その多様性には驚かされます・・・
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる