東アフリカの鳥たち・・・ハグロオナガモズ、シロクロオナガモズ

東アフリカシリーズの続きで、今日はハグロオナガモズとシロクロオナガモズをご紹介します。

最初はハグロオナガモズ(Grey-backed Fiscal)です。ハグロオナガモズは西アフリカから東アフリカ西部に分布し、サバンナの疎林などでよく見られる体長約25cmのモズで名前のように長い尾が特徴です。

サファリの途中、近くの小木にとまったハグロオナガモズ。

ハグロオナガモズ1

ハグロオナガモズ2

ハグロオナガモズ3

後ろから見ると尾の長さがよく分かります。

ハグロオナガモズ4

次はシロクロオナガモズ(Magpie Shrike)です。シロクロオナガモズはタンザニアと南部アフリカの乾燥した砂漠やサバンナに生息する体長約43cmのモズで、全身が黒い体で翼に白い部分があり、体の2倍以上ある長い尾を持つことからこのような名前が付けられたようです。

サバンナの疎林にいたシロクロオナガモズ。

シロクロオナガモズ1

シロクロオナガモズ2

シロクロオナガモズ3

今日はサファリの途中何度も目にしたハグロオナガモズとシロクロオナガモズをご紹介しましたが、尾の長いモズは飛んだ時に目立つだけでなく識別もしやすく、割合早く名前を覚えることができました・・・

スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる