FC2ブログ

東アフリカの鳥たち・・・アフリカスナバシリ、ニシツバメチドリ、ミスジチドリ、ヒメチドリ

再び東アフリカシリーズです。今日は何れもチドリの仲間、アフリカスナバシリ、ニシツバメチドリ、ミスジチドリ、ヒメチドリをご紹介します。

最初はアフリカスナバシリです。アフリカスナバシリはサハラ砂漠以南で生息する体長約21cmのツバメチドリ科の鳥で、頭頂部の明るい茶色と目の後方にある太くて黒い帯が目立ちます。また、名前のように地上を走り回って昆虫などを捕食することが多いちょっと変わった鳥です。

アフリカスナバシリ1

次はニシツバメチドリ(Collared Pratincole)です。ニシツバメチドリは東アフリカ、中央アフリカ、西アフリカ、南部アフリカ北部で生息する体長約26cmのツバメチドリの仲間で、灰褐色の体で喉が黄色く、黒い縁取りが特徴です。日本で見られるツバメチドリ(Oriental Pratincole)と大変よく似ていました。

ニシツバメチドリ1

次はミスジチドリ(英名:Three-banded Plover)です。ミスジチドリは東アフリカから南部アフリカにかけて生息する体長約18cmの小型のチドリで、名前のように頭には鉢巻のような白い帯、胸には黒い帯が2本あり、目には赤いリングが目立つ大変美しいチドリでした。

ミスジチドリ1

ミスジチドリ3

最後はヒメチドリ(Kittlitz's Plover)です。ヒメチドリはナイル河口とサハラ砂漠以南の水辺に住む体長約15cmの小型のチドリで、体は茶褐色で顔からお腹にかけて淡い茶色で、成鳥では頭に黒い帯が入るのが特徴です。

ヒメチドリ1

こちらは全体に色が淡く、頭に鉢巻状の帯が見られないことから幼鳥と思われます。

ヒメチドリ10

今日は何れもチドリの仲間、アフリカスナバシリ、ニシツバメチドリ、ミスジチドリ、ヒメチドリをご紹介しましたが、アフリカでは日本で見られるシギ・チドリ類はほとんど見られるほか、今回ご紹介したようにそれ以外にも数多く生息しているようであり、機会があればシギ・チドリ類をじっくり探すのも面白いかも知れません・・・

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

行きたいですね

こんばんわ。
ブログは拝見していたのですが,ばたばたしていてコメントはご無沙汰です。
アフリカの鳥は楽しいですね。
シロクロゲリ,ニシツバメチドリなど登場した鳥たち懐かしかったです。
残念ながら,この頃は登山に夢中で,草原にいる鳥は無関心でした。今思えばもったいないことしました。また続き楽しみにしています。

コメントありがとうございます

tetu様

アフリカの鳥、ご覧いただきありがとうございます。
tetuさんはアフリカにも登山で行かれていたんですね。
私達もサファリの途中で、キリマンジャロに登って来たという日本人
に会いましたが、tetuさんも行かれたのでしょうか?

私も山は好きなのですが、以前、富士山で高山病のため頂上まで
行けなかったことがあり、高山はちょっと難しそうです・・・
プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる