FC2ブログ

東アフリカの鳥たち・・・ミドリマダラバト、ワライバト、ウロコカワラバト、アカメジュズカケバト、アフリカジュズカケバト

東アフリカシリーズの続きで、今日は何れもハトの仲間、ミドリマダラバト、ワライバト、ウロコカワラバト、アカメジュズカケバト、アフリカジュズカケバトをご紹介します。

最初はミドリマダラバト(Emerald-spotted Wood-Dove)です。ミドリマダラバトは東アフリカから南部アフリカ北部に分布する体長約20cmの小型のハトで、頭部は灰色、背中は緑灰色、翼は黒灰色で金属光沢の緑色の羽が2枚あるのが特徴です。

緑色の2枚の羽が印象的なミドリマダラバト。

ミドリマダラバト1

次はワライバト(Laughing Dove)です。ワライバトはサハラ砂漠以南に広く生息する体長約23cmのハトで、胸は濃い茶色で腹部にかけてピンク色に近づき、背中は光の当たり具合で茶色から青味を帯びた色に変化するそうです。

青味のある翼が特徴のワライバト。ワライバトはその鳴き声が笑っているように聞こえることから名付けられたようですが、今回は残念ながら聞くことはできませんでした。

ワライバト1

次はウロコカワラバト(Speckled Pigeon)です。ウロコカワラバトはサハラ砂漠以南に広く分布しますが、山岳地帯や海岸線の崖に限られているそうです。目の周りは赤い皮膚が露出しており一度見たら忘れられない独特の雰囲気を持っていました。

サファリの途中、休憩場所近くにやって来たウロコカワラバト。

ウロコカワラバト1

ウロコカワラバト2

次はアカメジュズカケバト(Red-eyed Dove)です。アカメジュズカケバトはサハラ砂漠以南から南部アフリカ東部まで幅広く分布する体長約32cmのハトで、濃いピンクがかった薄い灰色の体で、首に黒い帯があり、アイリングと虹彩が赤いのが名前の由来と言われています。

アカメジュズカケバト<br />2

こちらは全体に体色が薄く、アカメジュズカケバトの幼鳥ではないかと思われます。

アカメジュズカケバト1

最後はアフリカジュズカケバト(Ring-necked Dove)です。アフリカジュズカケバトは東アフリカから南部アフリカまで広く分布する体長約25cmのハトで、薄い灰色の体に首の黒く太い帯が特徴です。

ツアーの間、何度となく目にしたアフリカジュズカケバト。

アフリカジュズカケバト1

アフリカジュズカケバト10

今日はハトの仲間、ミドリマダラバト、ワライバト、ウロコカワラバト、アカメジュズカケバト、アフリカジュズカケバトをご紹介しましたが、当地にはこれら以外にもアオバトの仲間など多くのハトが生息しており、その種類の多さには驚かされます・・・

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ