FC2ブログ

台湾の野鳥たち・・・タイワンオナガ、カササギ

台湾シリーズの続きで、今日は台北市内の公園や植物園などで出会ったタイワンオナガとカササギをご紹介します。

最初はタイワンオナガです。タイワンオナガは英名ではGray Treepieと言いますが、実際に見てみるとグレーというよりは灰色がかった赤褐色という感じで、太くて分厚くやや下に曲がった嘴が独特の雰囲気を醸し出した存在感溢れた鳥でした。

木の中で休んでいたタイワンオナガ。

タイワンオナガ6

タイワンオナガ7

タイワンオナガ8

木の天辺に群れでやって来たタイワンオナガ。

タイワンオナガ1

1羽だけ残ったタイワンオナガ。

タイワンオナガ5

別の木で・・・

タイワンオナガ4

タイワンオナガ10

次は日本でも近年生息地を広げているカササギです。カササギは世界的には北米西部、欧州、中央アジア、極東に分布し、台湾でも留鳥として台湾全土で見ることができます。

公園の草地で餌を探しながら動き回っていたカササギ。

カササギ0

カササギの翼は黒藍色をしていますが、光が当たるとこのように光沢のある藍色に変化します。

カササギ1

地面で動き回る時には両足を揃えピョンピョンと飛び跳ねるようにして動きます。この動きを見ているとカラスの仲間であることがよく分かります。

カササギ2

カササギ3

カササギ4

今日は台北市内の公園や植物園などで何度となく出会った何れもカラス科のタイワンオナガとカササギをご紹介しましたが、台湾で見られるカラス科の仲間は日本でもお馴染みのハシブトガラス、ハシボソガラスのほか、昨日ご紹介したヤマムスメや亜種カケス、クビワガラス、ホシガラスなど多くの種類が生息しており、日本で見られるものと比較しながら観察するのも面白いと思いました・・・

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる