FC2ブログ

台湾の野鳥たち・・・カタグロトビ

台湾シリーズの続きで、今日は先日訪れた東アフリカでも何度も目にしたカタグロトビをご紹介します。

カタグロトビ(英名:Black-winged Kite)はアフリカからヨーロッパ南部、アラビア半島南部、インド、東南アジア、ニューギニアにかけて分布し、日本でも迷鳥として先島諸島で記録があるようですが、今回訪れた金門島では留鳥として年中見られるようです。

農耕地の脇にある木に2羽並んだカタグロトビ。体色は灰、白、黒の3色で、英名、日本名ともに翼が黒いことから命名されたようです。

カタグロトビ1

暫く周りの様子を伺っていましたが・・・

カタグロトビ2

1羽が飛び立ちました。

カタグロトビ3

カタグロトビ4

こちらは残った1羽を場所を変えて撮影しました。

カタグロトビ5

カタグロトビ6

今日は世界に広く分布しているカタグロトビをご紹介しましたが、カタグロトビはトビの仲間ではありますが採餌方法はチョウゲンボウに似ており、農耕地や埋立地、浜辺の草地などでホバリングをしながら獲物を捕っているようで、今回も農耕地の上空でホバリングする姿はまさにチョウゲンボウを彷彿とさせるものでした。

平成25年もいよいよ今日で最後となりましたが、この一年稚拙なブログをご覧いただきありがとうございました。今年は国内だけに飽きたらず、ボルネオ、シンガポール、アフリカ、台湾など、海外にも足を伸ばしてしまいましたが、来年以降も体が動く間は、まだ見ぬ鳥を求めていろいろな場所を訪れたいと考えています。
それでは、皆さま良いお年をお迎えください・・・

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ